子どもの歯

2017年6月17日 土曜日

子どもの仕上げ磨き

こんにちはmist
今回は子供の歯について。ただでさえ忙しいのに子どもの歯磨きで悪戦苦闘sweat01しているおうちの方の力に少しでもなれたらと思い実体験を交えてお話しさせていただきたいと思います。
子供の歯は大人と構成成分は同じですが成分の割合が違うため、虫歯になると進行が早く、気づかないうちに虫歯ができていて、固いものをかんだ時に歯が欠けたと言って口の中を見てみると歯にものすごく大きな穴が開いていて真っ黒になっているなんてことがあります。
小さい子の虫歯予防のためにはおうちの方の仕上げ磨きがとても重要になってきます。
具体的にどうやるのですか?いつごろから?いつまで?自分では磨いても仕上げ磨きをさせてくれません。
いろいろな報告がありますが、自分の子供の話をさせていただくと、うちには今1歳半、5歳の子がおります。
歯磨きを始めるのは歯が生え始めたタイミングでいいと思います。
最近は大人の口腔内細菌が移行しないように、両親(もちろんおじい様、おばあ様も)とお箸やスプーンなど子供と分けて使ったりされている方が多いと思いますし、どんなに我が子がかわいくてもお口ではなくほっぺにキスheart01されている方もいると思いますので赤ちゃんの頃は虫歯のリスクは低めと考えられますが、それでも菌は定着してしまいますし何より口に中に食べ物以外のものが入って来る感覚はよくわからないうちに慣れさせてしまうのが一番です。初めは3秒ぐらいでもok
お子さんがもうある程度大きくなってしまった!昔は嫌がらなかったのに成長と共に(魔のいやいや期)歯磨きしてくれなくなった!というお子さん。
まずは家族の人が歯磨きしている姿をとにかく見せる!洗面所で立ってやっていると小さいお子さんは見えないので、ソファーに座って大人が磨いていると間違いなく興味津々にやってきます。小さな子なら大人がやっている行動は必ずまねしたがります。
いろんな人が毎日やって当たり前なことなんだということを見せて示しましょうcherry
歯ブラシを口に入れていやがるようなら、フッ素入りの甘いフレーバーの磨き粉をつけてあげてください。
うがいはある程度にならないとできないので小さなお子さんな場合はゲルタイプや泡立たないタイプの物がおススメです。
もともと口に入れても問題ないものなので多少なら飲み込んでも大丈夫です。
一人で磨くときも立ち歩いて磨くのだけは絶対させないでください。
1歳半ぐらいであれば怖い顔でしつこく『座ってangry』といえば理解できるようになりますsmile
立ってしまうようであれば、本当に危険なので取り上げてくださいね。
あとはコツとしてはとにかく機嫌のいい時に行ってくださいup
初めからしっかりやろうとしなくても大丈夫なのでまず慣らすところから始めてあげてください。
次に仕上げ磨きですが、我が家の子ども(1歳半)は自分で行う、ゴロンとするところまではいいのですが、仕上げ磨きの時、自分でやりたい気持ちが強すぎて仕上げ用の歯ブラシを自分で持ちたがり、取り返すと大号泣するのでゴロンとした状態で自分用の歯ブラシを持たせ、自分で磨いてもらいつつ隙間から親が仕上げ磨きをする!です(口の中に歯ブラシ2本!)。
この時もとにかく時間をかけないがポイントで、虫歯になりやすいところから磨いていくのがいいと思います。
まず、上下左右の奥歯のかみ合わせ、奥歯の頬側の歯肉と歯の境目、上の前歯の歯と歯の間に毛先を入れて磨きます(左右の乳中切歯間、乳中切歯と乳側切歯の間)を磨き、時間がありそうだったら細かいところを磨きます。
下の子の場合、上の子が仕上げ磨きをされるのを近くで見ていますので、比較的やるのが当たり前なんだと考えているようです。
ちなみに上の子が小さかったときは好きなテレビやDVDが観られるような状態でゴロンとさせ、意識が集中している間に済ませる。しまじろう(宣伝ではありません)の歯磨きDVDをみせながらにやっていました。
歯医者の子供だからすんなり仕上げ磨きをさせてくれるわけでもなくcoldsweats02やはりそこは試行錯誤の日々を送っております。
また、いつまでというお話に関してはお子様の成長により個人差があると思いますが、きちんと歯磨きの重要性を分かっている子なら小学校低学年ぐらいまででもいいかもしれませんが、中学年のお子さんでもたまにはチェックしてあげてください。そろそろ恥ずかしいよイヤだよと言われる時期になってしまいそうなので微妙なところではありますがeye
そして最近ニュースにもなっていますが、歯ブラシを咥えて走ったり、ふざけたりするのは本当に危険です。先日小学校6年生のお子さんでも実際そういう事故がありました。
その子は座っていたのですが、歯ブラシを咥えて振り向いたら思っていたより近くに壁があり、壁に歯ブラシがあたり口腔内に刺さってしまったとのことでした。傷は毛先の半分ぐらいまで刺さってしまった状態でした。
このような事故は大人でも十分起こる可能性がありますので十分注意してくださいね。
子育てはやることが多くて大変で歯磨き、仕上げ磨きにそんなに時間と労力使えないという方もいらっしゃるかもしれません。歯磨きに関しても歯医者さんの言っていることは理想的なお話と捉えて常識の範囲内でアレンジしたり工夫したりするといいと思います。







投稿者 ナカニシデンタルクリニック

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のブログ記事

月別アーカイブ