BLOG

2015年1月 5日 月曜日

あけましておめでとうございます

新春のお慶びを申し上げます。
本年も誠意をもって日々治療に邁進していきたいと思いますので、みなさまよろしくお願いいたします。fuji
尚、年明けは1月5日より診療を行っております。

投稿者 ナカニシデンタルクリニック | 記事URL

2015年1月 1日 木曜日

インプラントを安全に行う取り組み

インプラント治療が昔よりも安全かつ頻繁に行われるように
なりましたが、それでもリスクを0%にすることはなかなか
難しいのが現状です。
そこでさらにリスクを減らすために当院ではインプラント前
には必ず、歯科用CTを撮影し3次元的な位置関係の計測を
行い、インプラント埋入時にサージカルガイドを用いています。
言葉だけではなかなかピンとこない方もいらっしゃるかも
しれませんが、歯科用のCTがまだ大学病院しかなかった頃、
通常のレントゲン画像のみでインプラントを埋め込む方向と
距離を決定し、レントゲンを見ながら行う方法が一般的でした。
しかし一般的なレントゲンは2次元画像なのでおおよその
神経や隣の歯までの距離はわかっても奥行などの位置は
はっきりとはわかりません。CTは3次元画像なので奥行の
距離も計測することができます。
またインプラント埋入(埋め込み)の際も、CT上で理想的な
方向は決定できたとしても術者の勘だけでCT上で設計した
方向にインプラントが埋入できるわけではありません。
そこでCT上で術者が設計した方向にインプラントが
埋入できるように導いてくれる装置がサージカルガイドです。

まだまだインプラント治療時にCTやサージカルガイドを用いて
いる歯科医院が少ないのが現状ですが、サージカルガイドを
用いることによって神経麻痺や出血などのリスクが大幅に
減少できることは言うまでもありません。
ナカニシデンタルクリニックではインプラント治療のリスクを
減らすためにこのような取り組みを行っています。

投稿者 ナカニシデンタルクリニック | 記事URL

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30