歯周再生治療

2017年5月 9日 火曜日

歯周再生治療の話④ 再生治療に用いられる薬剤 エムドゲイン

前回までは適応症(歯周病)と使用するタイミング(歯周外科処置)についてお話ししましたhappy01
今回は実際使用するお薬についてお話します。
現在使用されているの薬剤の中でpigエムドゲインゲルhappy02というものをご紹介します。この薬剤は文字通りゲル状でお掃除によって歯石や細菌を取り除いたpunchきれいな歯根表面に塗布します。
主成分は将来歯のもとになる歯胚から抽出精製したたんぱく質の一種です。

このエムドゲインゲルを歯周病で失われた骨欠損部に応用することで、歯が発生する時の環境を再現し、歯根膜や歯槽骨などを作る細胞を呼び込んで、歯周組織再生を促してくれるのですheart

ここで知っておいていただきたいのは人の骨はいつも作られたり破壊されたりを繰り返しているということです。
歯周病にり患しても、いつも歯を支える骨を作ろうとはしてくれているのです。ただそこに歯石や細菌といった骨を溶かす原因物質が存在しているため結果的に骨がどんどん溶けて行ってしまうのですtyphoon
そのため歯周外科処置で歯石や細菌を取り除くとわずかではありますが必要なところには骨が再生してくれます。骨密度も増えます。
歯周病がそこまで重度ではない場合はこの歯周外科処置のみで骨が再生し、また骨密度が改善することで歯周病を食い止めることができますsun

一方で、骨の欠損形態によって、あるいは歯周病の重症度によっては歯周外科処置にエムドゲインゲルを併用し、より多くの骨を再生させ状態を改善することができるのです。

ただ、骨再生量にも限度があるため、例えば歯根の半分以上骨が溶けてしまった方に対してエムドゲインゲルを使用して、歯周病にり患する前の健康な状態にすることはできますかと聞かれるとやはり難しいと思いますclover

投稿者 ナカニシデンタルクリニック | 記事URL

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30