ホーム > 歯が抜けてしまった方へ

歯が抜けてしまった方へ

入れ歯とブリッジ

入れ歯とブリッジ

入れ歯・ブリッジには歯の中の異物感や外れる可能性というデメリットがありますが、保険が適用されるため、安価ですませられます。
ただ、自費の入れ歯やブリッジもあります

ブリッジは、入れる場所の両隣の歯を削り、連なったかぶせ物を装着する治療法です。
固定式なので、天然歯と同じようにブラッシングすることができます。

一方、インプラントは保険がきかないため、かなり高額になります。
完成までにかなり長期を要しますし、手術にはリスクが伴います。
しかし、自分の歯が戻ってきた感覚が強いため、手術後の満足度はかなり高いものとなります。
どちらにするかの選択は、第一に患者様の希望を優先します。
次に医師がベストだと思う治療法を参考までにアドバイスさせていただいています。

インプラントについて

歯がなくなった箇所に人工の歯根を植え、そこに人工の歯を装着する治療法です。
人工歯根はフィクスチャーというチタンのボルトです。
あごの骨に穴を開け、それを埋めていきます。

インプラント治療のメリットとデメリット

入れ歯やブリッジの場合、人工歯を固定する床や、歯に引っ掛ける止め金が違和感をもたらします。
インプラントはそうした異物が存在しないため、口本来の自然な動きをすることができます

人工歯根により固定されているため外れる心配がなく、天然歯と同様の健全な咀嚼運動(噛み砕き、飲み込む運動)ができるようになります。
その一方、比較的費用が高額になってしまう点やある程度治療期間が長期である点、手術のリスクがともなう点といったデメリットがあります。
加えて、患者様の状態によっては手術が適用できない場合もあります。

インプラント治療の流れ

1.診査・診断
1.診査・診断

通常の口腔内の診査に加え、骨の立体像並びにインプラント埋入のシミュレーション、CT撮影などといった診査を綿密に行います。
その結果をもとに手術可能かどうかを診断します。

治療前

治療前

→
治療後

治療後

↓
2.一次手術

麻酔の後、サージカルガイドというシステムを利用し、歯肉とあごの骨にドリルで穴を開けます。
そして、顎の骨にフィクスチャーという人工歯根を埋入、蓋を取り付けて粘膜を閉じます

↓
3.治癒期間

2~6ヶ月の治癒期間(安静期間)を置きます。
インプラントと骨が強い力で結合するのを待つためです。

↓
4.二次手術
4.二次手術

粘膜を開き、一次手術で取り付けた蓋を大きいものに取り換えます

↓
5.仮歯装着
5.仮歯装着

手術が終わった後、仮歯を作成します。
患者様に使用していただき、形態や装着感などを確認していきます。
この際、集められた噛み合わせや強度の違和感といったデータは本歯の作成に活かされます

↓
6.最終的な歯の装着
5.仮歯装着

本歯用の型を採り、歯並びや色を確認しながら作成。
できあがった本歯を患者様に装着していただき、使用感に問題がなければ治療は完了となります。

↓
7.メインテナンス

長く使い続けるためにも、定期的な検診やケアをお願いしています。

当院のインプラントが支持される理由

当院のインプラントが支持される理由

あごの骨の神経を傷つける事故、感染など。
インプラントは手術中のリスクがつきまといます。
当院ではそうしたリスクを可能な限り少なくしています。
手術で最も危険を伴うのが、歯肉とあごの骨に専用のドリルを使って穴を開ける行程です。
その際、数ミリでもぶれてしまうと大変な事故につながってしまうのです。

当院では事故を防ぐため、サージカルガイドシステムという装置を使用しています。
この装置はCTによりあごの形を立体的に把握し、穴をあける位置を決定した後で使用しています。
マウスピースを装着し、手術を行います。

当院のインプラントが支持される理由

術前にプランニングした位置にインプラントを埋入することが可能となります。
当院のインプラントが支持を受けているとすれば、安全第一を徹底した手術を心がけているからかも知れません。