ホーム > 審美歯科

審美歯科

審美歯科とは

審美歯科とは

クリーニングは歯についている茶渋や煙草のヤニといった着色を落とすことをさします。
一方、ホワイトニングは歯の色自体を白くすることをさし、審美歯科にあたります。
前者は基本的に保険がききますが、後者は自費治療となります。
治療行為以上の審美性をお求めになられる場合、実費となるのです。
しかし治療と見た目、両方重なっている部分がありますから、厳密に分けられません。

なお、審美歯科には歯並びの矯正や歯を白く美しくするといった見た目の美しさへの追求、噛む機能や適切な噛み合わせといった機能性の回復も含まれます

歯のクリーニング・PMTC(歯面清掃)

歯のクリーニング・PMTC(歯面清掃)

歯の表面についた歯石や着色汚れ(茶渋や煙草のヤニなど)を超音波によるクリーニングやPMTCによって白くすることができます。

また歯の表面にフッ素入りのジェルでコーティングし虫歯になりにくくします。(予防歯科の項目もあわせてご覧下さい)

オフィスホワイトニングとホームホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニング

クリニックで、歯の表面に薬液を塗って、LEDの青い光を照射して色を白くします(オフィスホワイトニング)。
一方、ホームホワイトニングは患者様がご自身で処置します。
マウスピースの中に薬液を入れ、家などで毎日数十分~数時間装着します。
マウスピースに専用のジェルをのせてつけるだけで効果のあるホームブリーチングという方法もあります。

これらの治療期間は2~8週間となります。
当院ではこれらを併用することをお勧めしております。

被せものによる審美歯科

ラミネートベニア
主に前歯に用いられる治療法で、セラミックの板を貼り付けることで歯の色や形、隙間を改善します。
歯の表面をわずかに削るだけなので痛みがほとんどなく、短期間で完成するというメリットがあります。
反面、健全な歯を削らなくてはいけない、というデメリットもあります。
インレー(詰め物)
小さな虫歯ができた場合、その部分だけを削って詰め物をします。
エステニアインレー(ハイブリッドセラミックインレー)
セラミック(陶器)の粒子とレジン(プラスチック)を混ぜたものでつくられた詰め物です。セラミックインレーよりもやわらかく、対合歯にも優しいというメリットがありますが、色調は多少劣り、唾液を吸収し、経年的に若干変色が見られます。
セラミックインレー
100%セラミックでつくられたインレーです。変色、変質はほとんどありません。透明感が高いため、より自然な色を再現できますが、金属に比べると耐久性はやや劣ります。

 


 
クラウン
大きな虫歯の場合に、削った歯全体を覆うかぶせ物です。
ジルコニアクラウン
内部は金属ではなく白くて硬いジルコニアです。外部に見た目のよいセラミック(陶器)を使用することで、ほとんど変色することがない、高い審美性と強度を両立しました。また金属を一切使わないので、金属アレルギーの心配がありません。
オールセラミッククラウン
全体がセラミック(陶器)でつくられた差し歯(クラウン)です。
セラミックなので変色せず、見た目もよいものができる可能性が高いですが、割れやすいので噛み合わせが強い部位には使用することができません。


ここで紹介した以外にも
歯を白くするかぶせ物は
ありますのでお気軽に
ご相談ください。